神待ち掲示板を使ってみる。

神待ち掲示板を使ってみる。

出会い系で惨敗したが、俺は諦めなかった。

 

どうしても大学生時代の成功体験があったので、なんとか頑張ればネット上でも新たな女性と出会えると信じていた。

 

俺は新たな出会いの方法を探し始めた。

 

これまで終電後に使っいてた時間を、すべてリサーチの時間に費やした。

 

毎日1時間ほど、1週間位かけて徹底的に調べた。こういった自分のやりたいことだと、睡眠時間を削ってでも頑張れる。

 

色々と怪しい方法も出てきたが、もっとも有効そうなのは神待ち掲示板だった。

 

家出した女の子が泊まれる家を求めて、掲示板に書き込む。それを見た男が泊まらせてあげる代わりに、女の子と遊べるというものだ。

 

人気ニコ生主になれればファンと出会って、そのままオフパコできるという方法も見つかった。

 

自分が好きだからとかみんなに良さを知って欲しいからとの理由でニコ生主になっている人がほとんどだが、オフパコという言葉が知られるようになってからは、オフパコするためにニコ生主になる人もいるようだった。

 

でも俺にはできない。無理だ。

 

大学時代の俺ならイケイケ感あったのでできたかもしれないが、今の俺が顔出しして動画配信するなんてことは不可能だ。

 

鬱状態になり、コミュ障にもなりつつあった。

 

そんな奴がニコ生主になったところで、ファンが付くか。たぶん付かないだろう。暗い陰鬱な動画なんて見たい奴はいない。

 

もしかしたら同じようにブラック会社にやられている諸君からの共感を得られたかもしれないが、動画配信することによって、より一層自分を鬱状態にさせてしまう気もしたので辞めた。

 

『鬱に悩む○○です、今日もよろしく!』ってな感じで動画スタートしたらそれなりに差別化できて目立つかもしれないが、鬱キャラを演じることで鬱から脱せなくなりそうだった。

 

こうして神待ち掲示板の中でも特に信頼できそうなものを2〜3に絞って、日々チェックすることにした。

 

終電後の楽しみがこの掲示板チェックに変わっていった。

 

ところが、これも大失敗に終わる。

 

女の子からの書き込みは死ぬほどあるが、全く出会えない。

 

返信はあっても実際にうちに来ることは1回もなかった。

 

後から気付いたのだが、俺が良かれと思って絞った2〜3の掲示板は全て詐欺サイトだった。

 

無料でメールアドレスを登録させ、迷惑メールを送りつけるような業作が運営していたサクラばかりの神待ち掲示板だった。

 

俺は日頃からメールボックスをチェックしていないので迷惑メールが来ていることさえ気付かなかったが、いきなり掲示板が閉鎖。

 

2chを見て、その掲示板が摘発されたことが出ており、調べてみると全く泊まりに来る女の子がいない掲示板であることがわかった。

 

この頃から、さすがの俺も疲弊していった。

 

仕事もプライベートもまったくうまくいかない。

 

生きている意味。何を楽しみに生きているのだろうか。

 

そんなことを考える日々が多くなった。

ホーム サイトマップ